普及活動 Dissemination Activities

普及活動 Dissemination Activities

活動:猛禽類の矢羽根の取り扱いについて

2014.12.09

全日本弓道具協会では、現在懸念されています猛禽類の矢羽根の取り扱いに関して、公益財団法人全日本弓道連盟と共有の問題として考えております。

公益財団法人全日本弓道連盟の会長から声明が出されましたが、密猟は悪質な犯罪であります。
このような矢羽根が弓道界に入り込んでしまったことは大変残念であり、繰り返されてはなりません。

全日本弓道具協会でも公益財団法人全日本弓道連盟の要請を受け、猛禽類の矢羽根の使用に関する準則の策定に参画し、弓道具の専門家としての意見を伝えております。
また、当協会員に対しては、密猟によって違法に入手された可能性のある矢羽根には絶対に関わることがないよう改めて指導を行っております。

引き続き、当協会は公益財団法人全日本弓道連盟と協力して、お客様に健全な商品を継続的にご提供できるよう鋭意努力して参ります。
また、伝統文化である弓道具製作の技術を伝承すると共に、自然環境を重視し、種の保存法やワシントン条約関連の法令を遵守していきます。

今後ともご理解、ご協力のほど、よろしくお願い致します。

全日本弓道具協会
会長 山田 整司

活動:弓入るな危険 シール

2013.05.27

STOP! 入るな危険

弓道場での 安全性を向上させるために右図のシールを製作いたしました。

サイズは
大68mm×68mm
小34mm×34mm
の2種類で 有償配布となります。

尚、デザイナーのご厚意により弓道関係者に限り左のデザインを使用しても可です。
 使用状況を全日本弓道具協会会員の店に連絡いただくとありがたいです。

↑ページトップへ

活動:弓道場での注意事項作成

2013.05.27

弓道場での 安全性を向上させるために
「弓道場での注意事項 A4サイズ」
を製作いたしました。
道場内に 掲示していただければ 幸いです。

↑ページトップへ

活動:弓道普及のための小冊子

2013.05.27

弓道のある暮らし

弓道普及のための小冊子完成しました。
配布中です。
詳細に付きましては 最寄りの 全日本弓道具協会
会員の店に おたずね下さい。

↑ページトップへ

活動:修理所の旗

2013.05.27

公認 修理所

公認 修理所の旗を製作いたしました。
全日本弓道具協会では、弓道の大会や審査で弓具修理をおこなっています。
この旗を見かけましたら全日本弓道具協会の会員ですのでお気軽に声をかけて下さい。

↑ページトップへ